日々是好日

2006年にJICAのシニアボランティアとしてのパラグアイでの生活を「パラグアイ便り」として書き始めました。帰国後の2009年「日々是好日」にタイトルを変更して生活の様子を綴っています。ブログ内の記事検索は左上の「記事検索」を利用して下さい。言葉を入れれば、該当する記事が出てきます。右側のカテゴリー別アーカイブもご利用下さい。

ロシア

ロシア紀行7 viaje a Rusia

5月31日午後2時、出発の3時間以上前にボロヴィツカヤ空港に到着しました。
dsc04743_edited

カウンターが開くのを待って、チェックインしました。2時間あり、一応免税店を見てまわりました。
dsc04749_edited

ビールを飲んで時間を稼ぎましたが、まだ1時間あります。待合室では座席が全然足りません。
dsc04750_edited

17:45JL442便は成田に向け飛び立ちました。さらばモスクワ! 成田まで9時間半の飛行です。
dsc04751_edited

離陸後1時間で夕食がでました。久し振りの日本食(寿司)もでました。
dsc04767_edited

隣は丸亀製麺のロシア店の人でした。モスクワでは讃岐うどんもよく食べられているそうです。
dsc04771

ロシア時間で20:50(日本時間6月1日 1:50) 日没です。
dsc04772

飛行機は北極圏付近を飛んでおり、空は太陽が沈んでも真っ暗にならず、薄明のままです。
dsc04776

日本時間4:01日の出です。眠ってしまい、ふっと目が覚めて、あわてて撮った写真です。
dsc04782

ハバロフスク付近を通って、日本に向かっているようです。
dsc047861_edited

着陸の約2時間前、6:20に朝食がでました。渋い日本茶を飲んで、眠気を覚まします。
dsc04791_edited

新潟付近から陸に入り、東海村付近で一度海に出て、成田に向かいました。
dsc04795_edited

6月1日 定刻の8時頃、無事成田に到着
今回の旅行は、11人のこぢんまりしたもので、天候にも恵まれ、楽しい時を過ごしました。
添乗員さんお疲れ様でした。同行の皆さんありがとうございました。

ロシア紀行5-2 viaje a Rusia

昼食後は雀が丘に向かいました。キエフからの列車が発着するキエフスキー駅です。
dsc04491_edited

雀が丘からのモスクワ市内の眺めです。丘があまり高くないのでそれほどの眺望ではありません。
dsc04498_edited

背後にはモスクワ大学があります。
dsc04505_edited

ノヴォデヴィチ女子修道院です。この湖畔でチャイコフスキーが白鳥の湖の構想を練ったそうです。
dsc04519_edited

モスクワ川の中洲に建つピョートル大帝記念碑の所を通りました。dsc04537_edited

クレムリンが見えてきました。次は赤の広場の見学です。
dsc04541_edited

国立歴史博物館です。赤の広場の西に建っています。
dsc04548_edited

西南の入口 ヴァスクレセンスキー門からいよいよ赤の広場に入場です。
dsc04553_edited

ロシア全道路の起点だそうです。真ん中に立ってコインを投げると願い事がかなうとか…
dsc04555

カザン聖母聖堂 スターリンの命によって破壊され、1993 年に再建されたものだそうです。
dsc04558_edited

赤の広場ではイベントが行われ、人でごった返しており、肝心のレーニン廟を見落としてしまいました。
dsc04575_edited

クレムリンと赤の広場を結ぶスパスカヤ塔です。
dsc04568_edited

赤の広場の南東端にある聖ワシリー寺院 世界遺産です。今回見たかったもののひとつです。
dsc04581_edited

赤の広場に隣接するグム百貨店です。1893年に竣工した、ロシアを代表する建物でもあります。
dsc04571_edited

グム百貨店の中に入って、みんなでアイスクリームをいただきました。70ルーブル(250円)でした。
dsc04590_edited

赤の広場から聖ジョージ教会の方に、歩いて夕食会場に向かいました。
dsc04596_edited

今日の夕食では、ご飯が付きました。ロシアのご飯は食べられますが、当然おいしくありません。
dsc04602_edited

帰りがけに、さっきと反対側から聖ワシリー寺院が見えました。何度見てもいいです。
dsc04603_edited

救世主キリスト大聖堂を見ながら、6時過ぎにホテルに戻りました。
dsc046042_edited

到着後近くのスーパーで、昼に教えてもらった銘柄のウォッカ、ジャム、クッキーなどを買いました。

ロシア紀行5-1 viaje a Rusia

モスクワの夜が明けました。コスモスホテルです。なぜかドゴールの銅像が建っています。
dsc04307

部屋は22階で、廊下からテレビ塔、宇宙征服者のオベリスク、全ロシア博覧センターが見えました。
dsc04294_edited

クマさんがいるレストランで朝食です。遠くからきたロシア人が昨日は雪が降ったと言っていました。
dsc04611_edited

9時出発です。ラッシュアワーでしょうか。バス専用レーンをあるようで、そこを走っていきます。
dsc04336_edited

鉄道のリガ駅です。ロシア文字を解読して分りました。リガからの列車が到着する駅です。
dsc04339_edited

有名なボリショイ劇場です。モスクワには猫が芸をする猫劇場もあるそうです。
dsc04352_edited

午前中のメーンイベント、トレチャコフ美術館見学です。トレチャコフの収集品が寄付されたものです。
dsc04383_edited

リブリョフのイコン「至聖三者」です。昨日見学したトロイツキー聖堂にあったものだそうです。
dsc04390_edited

ガイドのリーダさんが説明します。イコンの時代を経て、ロシアで初めて描かれた肖像画だそうです。
dsc04396_edited

印象に残った絵を紹介します。シーシキン「松林の朝」、目を引きました。子供にも人気だそうです。
dsc04397_edited

ぺローフ 「トロイカ 親方の弟子が水を運ぶ」 子供が働いていたんですねー
dsc04401_edited

プーキレフ 「不釣り合いな結婚」 金のため爺さんと結婚する女を描く、ロシア版金色夜叉?
dsc04405_edited

イワーノフ 「メシアの出現」大作 イタリアに留学して、15年間でこの絵1枚を描いたのだそうです。
dsc04411_edited

クラムスコイ 「見知らぬ女」、何処かで見たと思ったら、家の冷蔵庫にマグネットが貼ってありました。
dsc04413_edited

ヴァレシチャーギン「シプカの戦場」 戦場画家から反戦画家へ、だが日本海海戦で戦没
dsc04418_edited

スリコス 「モロゾワ婦人」古儀式派の中心人物、捕まっても、信念を変えず、土牢で餓死したそうです。dsc04419_edited

小学生も見学に来ていて、普段着のままの子もいれば、このようにドレスアップした子もいました。
dsc04433_edited

昼食に行く途中、スーパーでガイドさんからウォッカやジャムなどの推奨銘柄を教えてもらいました。
dsc04450_edited

12:40昼食会場のレストランに到着です。
dsc04477_edited

昼食のメインディシュはキエフ風カツレツです。切ると豚肉の中からスープがでてきます。
dsc04480_edited

午後は赤の広場、お菓子の城のような聖ワシリー寺院などの観光です。

ロシア紀行4-2 viaje a Rusia

飛行場からは100km位北のセルギエフ・ポサードのセルギエフ大修道院に向かいます。
dsc04111_edited

まともに行けば1時間半ということでしたが、大渋滞に巻き込まれてしまいました。
dsc04122_edited

宇宙開発の町に着くまで2時間半、今日中に着けるか心配になってきました。
dsc04129_edited

3時間半かかって、トロイツェ・セルギエフ大修道院がやっと見えてきました。
dsc04149

昼食会場です。遅くなったお陰で晴れてきました。
dsc04160_edited

15:30遅い昼食です。焼きピロシキ(餃子パン)を食べ、ナナカマド酒をいただきました。
dsc04158_edited

いよいよトロイツェ・セルギエフ大修道院に入場です。
dsc04165_edited

入口の門には、創始者の聖セルギイのイコンが並んでいます。
dsc04176_edited

入口をはいると、すぐの所にヨハネ生誕教会があります。
dsc04185_edited

セルキエフ教会(僧院食堂)に来た時に、無情にもミサを告げる鐘が鳴り始めました。
dsc04183_edited

ミサが始まると、内部の写真が撮れなくなります。トロイツキー聖堂です。内部の写真はありません。
dsc04188_edited

ウスペンスキー大聖堂は修復中でした。手前はドゥホフスカヤ教会と聖水の泉です。
dsc04195_edited

鐘楼も修復中です。
dsc04214_edited

聖水の泉からのトロイツキー聖堂と博物館です。
dsc04216

全然内部の写真が撮れないので、お情けでひとつの教会の内部の写真を撮らせてくれました。
dsc04206_edited

建物が修復中、ミサのため内部の写真が撮れないなど、不満を残したまま大聖堂を後にしました。
dsc04240_edited

帰りは比較的順調で、泊るホテルの近くにあるムーヒナの彫像まで1時間で戻ってきました。
dsc04247_edited

しかし市内に入ってから事故渋滞し、夕食は8時になりました。今日は各所で接触事故を見ました。
dsc04269_edited

ホテルにチェックインしたのは9時過ぎでした。今日のホテルはコスモスホテルです。
dsc04321

部屋数1777、とにかくでかい、オリンピック(1980)の時にできたそうで、大分古くなっています。

ロシア紀行4-1 viaje a Rusia

モスクワに戻ります。ところがホテルに預けた添乗員さんのパスポートが戻ってきません。我々だけ先に空港に向かうことにして、出発しようとしたら、出てきました。添乗員さんプンプンです。
dsc03592_edited

予定を10分ほど遅れて、モスコフスキー通りを空港に向かいます。凱旋門です。
dsc040881_edited

上りは大渋滞ですが、下りは道がすいていて問題なく空港につけそうです。
dsc04089_edited

共産党本部です。レーニンの像が残っています。タクシーを呼んでいると言われているそうです。
dsc04094_edited

8:45空港チェックイン サンクトペテルブルグのガイドのユーリさんとはここでお別れです。
dsc04097_edited

飛行機に歩いて乗りこみます。シベリア航空48便は定刻通り10:05モスクワに飛び立ちました。
dsc04099_edited

11:50モスクワ到着 直前まで雨が降っていたようです。
dsc04105_edited

モスクワ ドモジェドヴォ空港の外に出ました。字も分らないし、発音もしにくいですね。
dsc04106_edited

モスクワのガイドのリーダさんから皆さんが良い天気をもってきてくれましたと言われました。

ロシア紀行3-3 viaje a Rusia

朝見たイサク聖堂を見学しました。1858年に建った世界最大の教会建築のひとつだそうです。
dsc038231_edited

中央祭壇です。ロシアの教会でステンドグラスのキリストは珍しいことです。
dsc04055_edited

ドームの高さは100m。有名な天井の鳩、高いので豆粒のようです。
dsc04057_edited

イサク聖堂では、聖堂の変遷、建設方法などが模型で示してありました。
dsc04050

ニコライ宮殿です。今日の夕食はここでいただきます。
dsc04066_edited

宮殿風の格好をしたウエイトレスがお出迎えです。
dsc04070_edited

旅行者11人+添乗員+ガイド=14人 全員で大テーブルを囲みます。
dsc04074

会場にはピアノ弾きの女性がいて、食事中 ロシア民謡などを弾いてくれます。
dsc04071_edited

今日のメインディシュは壺焼き、肉と野菜のスープです。パン生地で蓋されて、煮込まれています。
dsc04077_edited

後ではスカーフ売りがダンスを披露しました。
dsc04079_edited

生演奏のロシア民謡を聴きながらの宮殿での夕食は、ロシア旅行の中で最高のものでした。

ロシア紀行3-2 viaje a Rusia

いよいよエルミタージュ美術館入場です。写真撮影OKです。
dsc03880_edited

まず入口の突き当りにある大使の階段を登って、宮殿装飾の間に入っていきます。
dsc03896_edited

ガイドのユーリさんがたっぷり2時間案内してくれました。肖像の間で説明を聴く団員の皆さんです。
dsc03913_edited

とりあえず有名画家の作品を紹介しましょう。まずレオナルド・ダ・ヴィンチの「聖母ブノワ」です。
dsc03944_edited

ラファエロの「コネスタビレの聖母」です。有名画家の所は混み合っていますが、何とかなる状態です。
dsc03957

ティツィアーノの「ダナエ」です。覚えていませんが、プラド美術館にもあるようです。
dsc03950_edited

カラヴァッジオ「リュートを弾く若者」です。どう見ても少女です。
dsc03964_edited

ベラスケス「昼食」 右の人物がベラスケス本人で…、とユーリさんが説明してくれました。
dsc03968_edited

ゴヤ「アントニア・サラチの肖像」 程なく、結核のため36歳で他界した女優だそうです。
dsc03970_edited

エルグレコ「使徒ペトロとパウロ」 グレコらしい作品です。
dsc03972_edited

レンブラント「放蕩息子の帰還」 許されているのが分るそうです。
dsc03974_edited

ルノワール「ジャンヌ・サマリーの肖像」 腰が細く、案外写実的だったのかもしれません。
dsc03984_edited

モネ「庭の女」 睡蓮とは違う題材
dsc03985_edited

セザンヌ「カーテンのある静物」 他に「タバコを吸う男」など
dsc03987_edited

ゴッホ「ライラックの木」 ゴッホらしいのはこの1枚かな、
dsc03992_edited

ゴーギャン「果実を持つ女」
dsc04028_edited

マチス「ダンス」有名、マチスの作品は比較的沢山ありました。
dsc03999_edited

ゴッホ「ドリュアス」
dsc04004_edited

美術館の中のカフェで昼食をとり、さらに自由時間2時間、館内をさまよい歩きました。

ロシア紀行3-1 viaje a Rusia

朝早く目が覚めたので、ホテルの周りを散歩しました。近くの公園ではチューリップが満開でした。
dsc03809_edited

9時にホテルを出発し、まずアレクサンダー庭園からイサク聖堂を眺めました。
dsc03827_edited

庭園にいたカラスです。ロシアのカラスは胴体が灰色です。確かエジプトのカラスも同じでした。
dsc03833_edited

次は元老院広場に建つピョートル大帝青銅の騎士像です。
dsc03845_edited

ネヴァ川に出て、左の方をみると、いつも使っているブラゴヴェシチェンスキー橋がみえました。
dsc03852_edited

右には、人類・民俗学博物館、ロストラの灯台柱、宮殿橋、ペトロパヴロフスク要塞の尖塔が見えます。
dsc03855_edited

敵船の船首を飾ったというロストラの灯台柱は2本あり、お祭りの時などに灯が灯されるようです。
dsc03894_edited

ペトロパヴロフスク要塞、その起工日がサンクトペテルブルグ誕生の日とされているそうです。
dsc03873_edited

ナポレオン戦勝記念のアレクサンドルの塔が建つ宮殿広場。 十月革命などの舞台でもあります。
dsc03876_edited

宮殿広場に建つ冬宮殿、エルミタージュ美術館です。外壁補修中でした。
dsc03882_edited

エミルタージュ美術館については、編を改めます。

ロシア紀行2-2 viaje a Rusia

ネヴァ川のやや上流に架かるポリシェオーフチンスキー橋です。これも跳開橋です。流れが速いです。
dsc037191_edited

明日見学予定のスモーリヌイ修道院を見てしまいました。これで出発を30分遅くすることができます。
dsc03725_edited

小さな運河沿いに昼食会場に向かいます。ロシア国旗が掲げられているので政府の建物でしょう。
dsc03734_edited

昼食は、血の上の教会の見える通りのレストランでした。寄り道したので、2時を回っていました。
dsc037391_edited

今日の昼食の呼び物はボルシチでした。
dsc03742_edited

ロシア美術館です。エカテリーナ宮殿がたぶん月曜休館のため、代替見学になったものと思われます。
ガイドのユーリさんが1時間一生懸命説明してくれましたが、撮影料をけちったため写真はありません。
dsc03745_edited

ロシア美術館を後に血の上の教会に向かいます。たしか昔の火の見櫓だったと思います。
dsc03747_edited

アレクサンドル2世が暗殺された場所に建てられた血の上の教会、ハリストス復活大聖堂です。
dsc03756_edited

中央祭壇です。イコンが主体で、やはりカソリックの教会とは異なっています。
dsc03757

丸天井を飾るのは全能者ハリストス(キリスト)です。dsc03758

背面です。
dsc03761_edited

アレクサンドル2世が爆弾テロに襲われた場所です。
dsc03762_edited

華麗なる宮殿風教会。だが、革命後は倉庫として使われ、博物館として復活したのは最近だそうです。
dsc03778_edited

ライラックが香る夏の庭園から、今一度、血の上の教会を眺めました。
dsc037941_edited

18:00 エカテリーナ2世像が見える通りにある「マーシャと熊」というレストランで夕食です。
dsc03797_edited

今晩のメインディシュはビーフストロガノフです。お昼が遅かったので食が進みません。
dsc03800_edited

今日は比較的早く、8時前にホテルに戻りました。スーパーに行くのを断り、明日に備えました。

ロシア紀行2-1 viaje a Rusia

5月27日、宿泊したPark inn ホテルの朝の姿です。
dsc035931_edited

ロビーからの通路にあった面白水槽。この奥に日本円が使え、皆さんご愛顧の土産店がありました。
dsc03604_edited

8:30出発、ネヴァ川に浮かぶ砕氷船Красин号、ホテルから市内に入る時はいつもここを通ります。
dsc03607_edited

ネヴァ河畔にたつ聖母教会。初め有名なものかと思いましたが、それほどでもないようです。
dsc03610_edited

ブラゴヴェシチェンスキー橋を渡って市内に入ります。ラッシュアワーには大渋滞します。dsc03617_edited

ネヴァ川には、大型のクルーズ船が入ってきます。この橋は、深夜に開く、はね橋です。
dsc03619_edited

オペラとバレーで名高い、マリインスキー劇場です。建物が世界遺産のようです。
dsc03623_edited

聖ニコライ聖堂です。ここの司祭は、昔日本のニコライ堂にいたとのことです。
dsc03628

三位一体の大聖堂です。
dsc03634_edited

鉄道のターミナル駅です。駅名は覚えられませんでした。
dsc03635_edited

サンクトペテルブルグの電車です。
dsc03644_edited

高速道路で、ペテルブルグの西約30kmのぺテルゴフに向かいます。
dsc03647

40分ほど走り、午前10時、ぺテルゴフ宮殿(ピョートル大帝夏の宮殿)に着きました。大聖堂です。
dsc03658_edited

宮殿内は撮影禁止でした。出口は、フィンランド湾への運河と噴水の見える宮殿のテラスでした。
dsc03661_edited

下りて行くと、前面には多数の噴水が壮観な眺めを呈していました。
dsc03669_edited

横にはチューリップの咲く庭園と太い噴水、向こうには大聖堂、夢のような眺めです。
dsc03680_edited

他にトリトンの噴水のある古い温室もありました。
dsc03705

さらに奥の 花の咲く庭園にも噴水
dsc03699_edited

五月晴れで、涼風が心地よく、リンゴの花が咲き、思わず「カチューシャ」を口ずさんでしまいました。dsc03698

ピョートル大帝夏の宮殿は2003年のサミットの時にきれいに修復されたそうです。

ロシア紀行1 viaje a Rusia

阪急トラピックスの「華麗なるロシア7日間」で、サンクトペテルブルグとモスクワに行ってきました。
10:45 JAL441便でモスクワに向かいます。本来なら787型機ですが、777型機で、残念でした。dsc03536_edited

離陸後2時間で昼食が出ました。鶏肉と焼きそば添えのご飯の方を選びました。
dsc03539_edited

飛行機は、延々とシベリアの大地を、西に飛んで行きます。
dsc03548_edited

初夏を迎え、雪は消えたかと思いきや、まだありました。自然の造形美です。道路も見えます。
dsc03568_edited

着陸1時間前に、本当は夕食の時刻ですが、日本食の弁当が出ました。思わず日本酒を頼みました。
dsc03569_edited

定刻の16:00、10時間15分でモスクワに到着しました。曇でしたが、雨は降っていませんでした。
dsc03577_edited

入国はモスクワの渋滞を予感させる大渋滞でした。そのままサンクトペテルブルグに向かいます。
dsc03576_edited

乗継時間が4時間あったのと、夕食は出ないということで、空港で夕食をいただきました。大きな ふかしたジャガイモを半割にし、チーズなどを載せたものです。上のカフェテリアで皆が食べていたものです。
dsc03573_edited

サンクトペテルブルグへはシベリア航空のS7-41で行きます。これで夜の8時です。
dsc03580_edited

1時間50分の飛行で、ジュースとパンの軽食が出ました。
dsc03581_edited

海です。サンクトペテルブルグはバルト海のフィンランド湾に面している港町なのです。
dsc03584_edited

21:20  予定より早くサンクトペテルブルグに到着、曇っていても降雨なしでした。
dsc03587_edited

サンクトペテルブルグではスムーズに出てくることができ、ホテルに向かうバスに乗りました。
dsc03590_edited

PARK INNホテル、予定より早く着きましたが、チェックインに手間取り、待ちくたびれました。
dsc03603

風呂に入り、一服したら午前0時(日本時間午前5時)でした。24時間頑張りました。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ