日々是好日

2006年にJICAのシニアボランティアとしてのパラグアイでの生活を「パラグアイ便り」として書き始めました。帰国後の2009年「日々是好日」にタイトルを変更して生活の様子を綴っています。ブログ内の記事検索は左上の「記事検索」を利用して下さい。言葉を入れれば、該当する記事が出てきます。右側のカテゴリー別アーカイブもご利用下さい。

インドネシア

ネカ美術館 Neka Art Museum

インドネシア紀行の番外編としてネカ美術館をもう少し紹介します。
この美術館は、学校の教師だったネカ氏が収集した絵画が基になっています。ネカ氏です。
dsc02735_edited

入口の看板です。
dsc02195_edited

代表的な作品は本編に載せましたが、これはどっかで見たような気がして撮った絵です。
dsc02198_edited

これらは、何か気になった絵です。
dsc02215_edited

dsc02216_edited

本編にも書きましたが、環境が素晴らしく、手入れの行きとどいた庭園にはアヒルがつどい、
dsc02199_edited

東屋では、竹シロホンで「さくら、さくら」を弾いてくれ、
dsc02203_edited

きれいな花や植物が彩りを添えていました。
dsc02213_edited

ネカ美術館の見学は、盛り沢山のツアーの中で、ほっとするひと時を与えてくれました。

インドネシア紀行5 viaje a Indonesia

昨日で観光は全て終わり、今日は15時までホテルで自由ということです。私のコッテージです。
dsc03215_edited

朝食の後、邸内を散歩しました。プルメリアの花が咲いていました。日差しが強いです。
dsc03210_edited

玄関の脇の壁画です。
dsc03220_edited

中々面白いモニュメントです。
dsc03233_edited

ビーチに出てみました。
dsc02618_edited

沖で波が砕けていたので、沖にはサンゴ礁のリーフがあるようです。
dsc02601_edited

海には誰もいなかったので、プールで少し泳ぎ、昼寝をしました。
dsc02620_edited

日本食の昼食をとった後、15時半にチェックアウトし、店屋に行きました。
dsc02635_edited

途中オゴオゴの鬼を運ぶ行列を見かけました。
dsc02630_edited

初めにコーヒーの店に行きました。コピ・ルアク;ジャコウネコが食べたコーヒーだそうです。
dsc02638_edited

次にデューティーフリーショップに行きました。内外格差がなくなり、今はもう有難味はありません。
dsc02645_edited

DFSはパスして、近くのショッピングモールに行き、地元の人が買うお菓子や雑貨を買いました。
dsc02641_edited

夕食はイタリアンで、ピザやパスタでした。インドネシア料理の口直しのようです。
dsc02648

3月10日0:35、GA880はデンパサールを飛び立ち、一路東京成田に向かいました。
dsc02658_edited

太平洋上で日の出を迎え、定刻の8:50無事成田に帰還しました。
dsc02667_edited

ジャワ1泊、バリ3泊という日程に不満が残りましたが、天気に恵まれた良い旅行でした。
30人の面倒をみた添乗員さん、現地のガイドさん、団員の皆さんありがとうございました。

インドネシア紀行4-2 viaje a Indonesia

今度はバリ島の南端に向かいました。
dsc02463_edited

ウルワトゥ寺院の入口に到着しました。眼鏡と帽子を猿に盗られないようにバッグに仕舞いました。
dsc02470_edited

ウルワトゥ寺院は、ムブル岬の断崖絶壁の上に建っています。ここからの夕日が有名です。
dsc02485_edited

そして断崖絶壁の上にステージが設けられ、日没に合わせて、ケチャダンスが行われます。
dsc02480_edited

18時、数十人の男達の掛け声でスタートします。
dsc02498_edited

初めは、ラーマ王子とシータ王妃の踊りです。
dsc02509_edited

魔王ラワナは魔法で老人に姿を変えて、シータを誘拐します。
dsc02517_edited

魔王ラワナはシータを自分の宮殿に連れ去ってしましました。
dsc02522_edited

ラーマは、白猿ハノマンにシータを見つけ出してくれるよう頼み、指輪を預けます。
dsc02533_edited

ハノマンはシータを見つけ出しました。シータは髪飾りを預け、無事を伝えるように頼みます。
dsc02550_edited

ハノマンは宮殿を破壊しましたが、捕えられ、火焙りにされますが、逃げ出すことができました。
dsc02574_edited

いつの間にか日が沈み、芝居が終わると、見事な夕焼けが大観衆を包みました。
dsc02580_edited

夕食はシーフードです。ビーチの砂浜の上にしつらえたテーブルでいただきました。
dsc02588_edited

ロブスター、カニ、貝、魚、色々ありましたが、真っ暗で、何を食べているのか分りませんでした。
dsc02595_edited

ケチャダンスは知っていたせいか、あまり感動はしませんでしたが、観客数に驚きました。

インドネシア紀行4-1 viaje a Indonesia

ホテルの部屋(小屋)はこのような配置です。私の部屋は341号、左下にあります。
dsc03172_edited

邸内はこんな感じです。
dsc03198_edited

今日はホテル前のビーチから海の向こうに西方の山が見えました。
dsc03188_edited

8時ホテル出発、街では12日の新年(ニュピ)を控え、オゴオゴ用の鬼をあちこちで作っています。
dsc02285_edited

バリ人民闘争記念碑に行きました。小学生が見学に来ていました。一種の愛国教育でしょうか。
dsc02290_edited

チュルクの銀細工の工房(お店)を訪れました。
dsc02308_edited

銀製品は東京に持って帰ると、黒くなってしまうので、買いませんでした。
dsc02315_edited

この工房の庭はよく手入れされていて、きれいな花が沢山咲いていました。
dsc02320

バリ島の南西にある島を見ながら、バリ ヒンドゥー教の総本山ぺサキ寺院に向かいました。
dsc02344_edited

ぺサキ寺院はかなり山を登った所にあり、下車後も坂道の参道を10分程歩かなければなりません。
dsc02383_edited

ぺサキ寺院にやっとつきました。晴れていれば、向こうに聖峰アグン山3142mが見えるのですが。
dsc02393_edited

テラス状の段々があり、割れ門の向こうに11層のメル(多重塔)が見えます。
dsc02400_edited

ヒンドゥー教の3大神、シヴァ、ヴィシュヌ、ブラフマを祀ってあります。赤、白、黄がシンボルカラー
dsc02406_edited

昼食は高原のレストランでインドネシア料理のバイキングでした。
dsc02451_edited

ここにも棚田が広がっていました。
dsc02442_edited

後はケチャックダンスを観に行くだけです。

インドネシア紀行3-2 viaje a Indonesia

森のサルに餌付けし、モンキー・フォレストという公園にしています。
dsc02163_edited

ここのサルはあまり悪さはしないようです。増えすぎないようにしているとのことです。
dsc02148_edited

見ザル、言わザル、聞かザル+働かザル
dsc02155

ウブドのプリサレン宮殿、今も奥には王の子孫が住んでいるそうです。
dsc02166_edited

門の中の石像
dsc02168_edited

地べたのお供え物、ヒンドゥーの神は色んな所にいるのだそうです。
dsc02167_edited

ドリアン、路上で売っている人に試食させてもらいました。クリーミーで、とてもおいしかったです。
dsc02185_edited

バリ絵画の殿堂、ネカ美術館を訪れました。種々の作家の色んなタイプの絵が観られます。
dsc02192_edited

たぶん最も有名らしいアブドゥル・アジズの「引かれ合う心」1974, 1975
dsc02204_edited

パンフレットの表紙を飾っていたルドルフ・ボネの「アルジュナの結婚」1953
dsc02206_edited

ネカ美術館は、庭園も整備されていて、落ち着いた空間を作っていました。
dsc02211

次にタナロット寺院に行きました。中西部の海岸にある寺院でバリ六大寺院のひとつです。
dsc02243_edited

干潮時には陸続きとなるそうです。夕日が有名で、沢山の人が夕日を待っていました。
dsc02248_edited

我々も夕日を待ちました。18:33 雲が出ていましたが、それなりに美しい日没でした。
dsc02272

午後8時、夕食はホテルのレストランでバイキングでした。
dsc02281_edited

天気予報は分りませんが、何か雨にはたたられないという確信みたいなものが出てきました。

インドネシア紀行3-1 viaje a Indonesia

3連泊したパトラ・ホテルの正面玄関です。リゾートホテルで、客室はコテージになっています。
dsc03166_edited

オーシャンリゾートらしい景色を見ながら朝食をいただきました。天気は良くありません。
dsc03158_edited

8時出発 交差点のロータリーにはヒンドゥー教にまつわる、各種のモニュメントが飾ってあります。
dsc01959_edited

また、交差点直前の中央分離帯には交差点を知らせる?像があります。車は左側通行です。
dsc01964_edited

初めにバロンダンスを観に行きました。舞台の脇にガムランの楽隊付きです。雨が降ってきました。
dsc01996_edited

ラーマーヤナを題材にしたバリ舞踊です。善獣バロンの登場です。
dsc01992_edited

魔女ランダが出てきました。ガムラン音楽とともに物語が進み、終演を迎えました。dsc02021_edited

次はキンタマーニ高原に向かいます。雨は上がりました。水田が見えてきました。
dsc02059_edited

キンタマーニ到着 正面にバトゥール山、1717mの活火山です。頂上の雲は取れませんでした。
dsc02087_edited

バトゥール湖、カルデラ湖です。湖の向こうに標高2153mのアバン山が雲に隠れています。
dsc02088_edited

バトゥール山の雄大な景色を眺めながら昼食をいただきました。標高1500mで涼しいです。
dsc02086_edited

キンタマーニ高原は果物の豊庫です。ドリアンは今が時期で、1個300円だそうです。
dsc02094_edited

去年世界遺産に登録された棚田を見に行きました。用水管理を含めた世界遺産のようです。
dsc02118_edited

朝な、夕なにヒンドゥーの神にお供え物を捧げる女性をよく見かけました。信仰が活きています。
dsc02122_edited

バロンダンスの時は土砂降りの雨、俳優さん達は大変でした。その後、天気は回復、ついています。

インドネシア紀行2-2 viaje a Indonesia

次に王様の離宮タマンサリ、水の宮殿に行きました。
dsc01840_edited

沐浴場です。昔は海水を引いていたそうです。
dsc01836_edited

昼食を食べたレストランです。
dsc01850_edited

インドネシア料理です。チキンカレーをご飯にかけて、食べました。
dsc01854_edited

ベチャはまだ健在ですが、大分少なくなり、観光用になったようです。
dsc01844_edited

馬車も走っていましたが、数は少なく、やっと撮った一枚です。
dsc01848_edited

昼食後はバティックの工場に行き、皆さんジャワ更紗を買い求めました。
dsc01871_edited

次は世界遺産プランバナン寺院です。ヒンズー教の寺院で、9世紀中頃に建てられたものです。
dsc01932_edited

中央の最も大きなのがシバの神殿です。先頃の地震で壊れたのを修復したようです。
dsc01916_edited

内部には、このようなヒンズー教の神様が祀られているそうです。
dsc01899_edited

壁面はこのようなレリーフで飾られています。こちらの方がボロブドールよりも見応えがありました。
dsc01904_edited

夕日に映えるプランバナン寺院を見ながら、夕食をいただきました。
dsc01939_edited

夕闇がせまり、空は茜色です。
dsc01945_edited

20:30 残念なことに、ジョグジャカルタを離れ、これからバリ島に向かわなければなりません。
dsc01952_edited

午前1時(時差+1時間)クタのパトラ・ジャサ・バリ・リゾート・ビラにチェックインしました。
dsc01956_edited

連日の午前様です。その上、お湯が出なくて、直すのに時間がかかり、往生しました。

インドネシア紀行2-1 viaje a Indonesia

泊ったシェラトン・ムスティカ・ジョグジャカルタの正面玄関です。
dsc03154_edited

客室です。部屋の窓から外を見ると、前庭が良く手入れされた素晴らしい庭園になっています。
dsc01661_edited

食堂は7階にあり、朝の陽光が射す、素晴らしい眺望の下で、朝食をいただきました。
dsc03140_edited

昨晩は午前様だったのにかかわらず、6時起床、7時半に出発です。街にはバイクが多いです。
dsc01671_edited

ボロブドールへのゲートです。
dsc01686_edited

入口で腰布をつけてもらい、ガイドの案内で世界遺産ボロブドール遺跡に向かいました。
dsc01707_edited

9世紀初頭の仏教遺跡で、その後、1000年もの間、火山灰に埋もれていたものです。
dsc01709_edited

9層の基壇を持ち、窟の中に432体、ストゥーパの中に72体の仏様がいらっしゃるそうです。
dsc01715_edited

dsc01736_edited

最上段には、窓のない大ストゥーパがのっています。
dsc01734_edited

今では仏教徒がほとんどいないインドネシアですが、世界遺産として観光客を集めています。
dsc01753_edited

次にジョクジャカルタのスルタンパレスに行きました。ピンクの館に住んでいるそうです。
dsc01803_edited

独立戦争に貢献したので、永世州知事の地位を得たそうです。迎賓の間です。
dsc01797

家来は3千数百人だそうです。後継ぎがいなくて困っているそうです。
dsc01801_edited

ガムラン音楽の練習をしていました。
dsc01806_edited

朝から晴天で、今日は雨の心配はなさそうです。雨期でも降らない時は降らないのだそうです。

インドネシア紀行1 viaje a Indonesia

成田発12:00、ガルーダ・インドネシア航空GA885でまずジャカルタに向かいます。
dsc01597_edited

晴れ渡った大空に飛び立ち、御蔵島、噴煙を上げる三宅島、はるか遠くに富士山も望めました。
dsc01607_edited

離陸後1時間、昼食がでました。鶏のレンダン(ココナツ煮込み)、ご飯、隠元豆と玉葱のソテーです。
dsc01615_edited

飛行機はインドネシアに向けて真直ぐ南下して行きます。南方らしい雲が出てきました。
dsc01614_edited

機内のモニターで、Life of PI (トラと漂流した227日)を見ました。英語はよく分りませんでした。
dsc01618_edited

飛行機はルソン島を横切り、パラワン島を縦断して飛んでいきます。
dsc01628_edited

サンゴ礁も見えてきました。
dsc01640_edited

しかし、カリマンタンは雲に覆われ、ジャカルタも雲の下で、3月迄は雨期であることを実感しました。
dsc01643

18:10ジャカルタ到着、雨は降っていませんでした。飛行機を乗り換えて、ジョグジャカルタに出発です。
dsc01650_edited

21:03 ジョグジャカルタに到着、雨の降った跡がありました。とにかく暑い、暑さに曝されました。
dsc01653_edited

ホテルはシェラトン、22時、ホテルのレストランで遅い夕食をいただきました。ビールが旨かったです。
dsc01656_edited

日本との時差は2時間、部屋に入ったのは、日本時間では翌日になっていました。くたびれました。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ