日々是好日

2006年にJICAのシニアボランティアとしてのパラグアイでの生活を「パラグアイ便り」として書き始めました。帰国後の2009年「日々是好日」にタイトルを変更して生活の様子を綴っています。ブログ内の記事検索は左上の「記事検索」を利用して下さい。言葉を入れれば、該当する記事が出てきます。右側のカテゴリー別アーカイブもご利用下さい。

アルゼンチン

Salta 6

今回は地下鉄で国会議事堂に行きました。
dsc07066_edited

国会議事堂広場の女神像です。
dsc07067_edited

近くの建物です。
dsc07068_edited

オベリスコです。地下鉄B線は丸の内線の車両です。
dsc07072_edited

フロリダ通りの花屋です。
dsc07075_edited

アスンシオン行のAR1405は1時間以上遅い出発です。
dsc07079_edited

帰りはレジステンシアに寄航しました。
dsc07080_edited

アスンシオン着17:40すっかり暗くなっていました。
dsc07085_edited

旅行のおみやげです。他にワインを買ってきました。
dsc07086_edited

きれいな町、雄大な自然、秋の爽やかな旅行でした。

Salta 5

サルタを去る日がきました。サルタの空港です。
dsc06979_edited

アンデスの山ともお別れです。
dsc06983_edited

ブエノスアイレスに戻ってきました。
dsc06985_edited

折角なのでブエノスに1泊することにしました。宿泊したHotel Principadです。ちょっと高いですが良いホテルです。
dsc06988_edited

La Ventanaのタンゴショーを見に行きました。
dsc07060_edited

月曜なのに満員です。
dsc07016_edited

タンゴダンスです。
dsc07054_edited

フォルクローレもあります。
dsc07041_edited

フィナーレです。
dsc07057_edited

哀愁のタンゴショーはやはりLa Ventanaです。

Salta 4

今日はウマワカ渓谷に出かけました。世界遺産です。
サルタは曇で、途中先が見えない程の霧になりました。
dsc06872_edited

今日は駄目かと思っていたら、突然快晴になりました。
dsc06888_edited

ウマワカ渓谷の山々です。
dsc06889_edited


2時間程走ってウマワカの村に到着しました。からくり人形が出てくる時計台です。
dsc06919_edited

昼食ではフォルクローレの演奏が行われ、今日はアルゼンチンの革命記念日なので、国歌の斉唱も行われました。旅行者のほとんどはアルゼンチン人です。
dsc06917_edited

帰途に寄ったウキアの教会です。
dsc06930_edited

高台にあるティルカラの砦跡からの眺めです。
dsc06951_edited

ティルカラ村では革命記念日の祭をやっていました。
dsc06962_edited

峠にかかるとまた霧です。下界は曇だったようです。
dsc06971_edited

最後にフフイ州の州都サンサルバドルに寄りました。
dsc06972_edited

サルタに戻ったのは夜9時近くでした。これでサルタの観光は終りです。最後に再びサルタの郷土料理ロクロとウミータを食べました。

Salta 3

天気予報通り曇です。ホテルから見た7月9日広場です。
dsc06831_edited

初めにカテドラルに行きました。ミサをやっていました。
dsc06738_edited

カビルド(旧市議会)です。歴史博物館になっています。
dsc06754_edited

サンフランシスコ教会です。ここでもミサをやっていました。
dsc06757_edited

ケーブルカーでサンベルナルドの丘(1458m)に登りました。
dsc06790_edited

ショッピングストリートもあります。靴屋が多いです。
dsc06838_edited

夜になるとライトアップが行われます。
dsc06842_edited

フォルクローレを聴かせるペーニャに行きました。
dsc06844_edited

予約なしでしたが、運よくとても良い店、席に恵まれました。
dsc06865_edited

小さな町なので、1日で市内観光ができました。

Salta 2

今日は市内観光の予定でしたが、天気予報によると明日は曇なので、予定を変更して「雲の列車」に乗ることにしました。
しかし「雲の列車」は運休中で同じルートをバスで辿ります。
dsc06597_edited

谷を遡って行くと、残月が懸かる山が見えてきました。
dsc06611_edited

2時間ほど走り、景色の良い所でお茶です。
dsc06617_edited

更に2時間でサンアントニオに到着しました。標高3774mでほぼ富士山頂と同じ高さです。この村で昼食をとりました。高山病を警戒してビールは飲みませんでした。
dsc06645_edited

アンデスの山並には雪を頂いた山も見えます。
dsc06663_edited

次に塩湖に行きました。縦横25kmあり見事なものです。
dsc06694_edited

標高4170mこのツアーの最高地点です。サルタが1200mですから約3000m登ってきたことになります。過去最高標高です。
dsc06717_edited

その後も色々な山を見ることができました。
dsc06724_edited

岩山の色も赤、緑、黄色と様々です。
dsc06727_edited

最後にプルマルカ村に寄りました。ペルーの民芸品とよく似ています。
dsc06731_edited

朝7時に出発し、夜8時に帰ってきました。標高が高く空の青さが印象的でした。高山病にはなりませんでした。

Salta 1

アルゼンチン航空AR1761は定刻の10:30より早くアスンシオンを離陸し、経由地のコリエントスに向いました。
dsc06553_edited

コリエントスはアスンシオンの南300km、パラグアイとの国境近くのパラナ河河畔の街です。
dsc06560_edited

約30分でコリエントスに到着です。ここでアルゼンチンへの入国手続を行いました。
dsc06557_edited

AR1761便です。
dsc06558_edited

飛行機はコリエントスで満席になり、ブエノスアイレスに向かいました。約2時間のフライトです。
dsc06564_edited

ブエノスアイレスの国内線の空港Jorge Newberyに到着し、3時間待ってAR1460で17:15(アスンシオンとの時差+1時間)サルタに向かいました。
dsc06569_edited

アンデスの山に日が沈み、定刻通り19:30サルタに到着しました。
dsc06573_edited

宿泊したHotel Saltaです。
dsc06733_edited

早速郷土料理を食べにいきました。Dona Saltaのロクロ(トウモロコシなどと肉の煮込み料理)は絶品でした。
dsc06735_edited

きれいな街、気温15℃程度、美味しい食事、快適な滞在を予感させる夜でした。

旅行

JICAのシニアボランティアは年間20日の外国旅行を許されています。
パラグアイの周辺を旅行しており、今度はアルゼンチンのサルタという所に行くことにしました。
サルタはアスンシオンの西800km位の所ですが、夜間バスの利用が禁止だったので、飛行機でブエノスアイレスを経由して行きます。
dsc06544_edited

サルタは標高4000mまで行く「雲の列車(Tren a las Nubes)」と七色の谷が連なるウマワカ渓谷(世界遺産)で有名です。
dsc06543_edited

明日から火曜まで行ってきます。

ブエノスアイレス2 Buenos Aires

午前中ホテルの近所を散策しました。
サンマルティン騎馬像です。各地のはこのレプリカのようです。
dsc06107_edited

ボラッチョの花がもう咲いていました。
dsc06109_edited

日曜の朝の7月9日通りとオベリスコです。
dsc06138_edited

コロン劇場の前に屋根なしの観光バスがいました。
dsc06141_edited

今度は地下鉄にちょっと乗ってみました。
dsc06147

ホテルを11時にチェックアウトし、エセイサ国際空港に向いました。日曜のせいか空港は大勢の人でごった返していました。
dsc06151_edited

TAM705便は16:15エセイサ空港を離陸しました。
dsc06155_edited

定刻通り17:05に帰着(時差1時間) アスンシオンは雨でした。
dsc06164_edited

今回の旅行のおみやげです。
dsc06166_edited

ブエノスアイレス1 Buenos Aires 1

ブエノスアイレスの市内観光バスに乗ってみました。9時出発の3時間コースです。でも迎えに来たのは10時頃でした。世界各国からの観光客で大型バスが満席でした。説明をスペイン語と英語でするのですごい速さです。
初めにパレルモ地区に行きました。車窓観光です。スペイン系移民が贈った5月革命の記念碑です。
dsc06050_edited

レコータ墓地には行かず、サンマルチン広場前を通って、5月広場に行きました。下車観光ですが日本のように誘導案内はしません。勝手に見に行きます。大統領府です。
dsc06059_edited

カテードラルの祭壇です。
dsc06069_edited

次にボカ地区に行き、ボカジュニアーズのスタジアムとカラフルな家並みのカミニートを見学しました。カミニートです。
dsc06084_edited

最後にプエルトマデーロ地区に行きました。ここは、旧ドックと保税倉庫街を再開発したニュースポットです。
dsc06094_edited

ドックに面したレストランのテラスでゆっくりと肉料理とビールを楽しみました。ブエノスアイレスも風が爽やかです。
dsc06103_edited

夜は規模と豪華さでNo.1と言われる「Senor Tango」のディナーショーに出かけました。セニョール・タンゴです。
dsc06113_edited

靄と光をうまく使った斬新なショーが始まりました。写真を撮っていると撮影禁止とのことです。それまでに撮った写真です。
dsc06128_edited

フィナーレです。土曜日の夜で満席で、すごい熱気でした。
dsc06130_edited

洗練されたショーでしたが、前に見たLa Ventanaのオーソドックスなショーの方がタンゴの哀愁とノスタルジアを感じました。

ブエノスアイレス

飛行機が遅れたお陰でブエノスアイレスで半日の時間ができました。
皆ばらばらに動きました。私は、ホテルの近くのサンマルティン広場、英国塔、新名所 ドックの倉庫街、大統領府、フロリダ通りを散策しました。
サンマルティン将軍像です。リオガジェロスの像と全く一緒です。
dsc02886_edited

英国塔です。一昨年来た時も見ましたが、バスで連れ回されたので、こんな所にあるとは知りませんでした。
dsc02890_edited

第3ドックに係留されたサルミエント大統領号です。博物館になっています。この辺の倉庫街は再開発され新しい観光スポットになっているようです。
dsc02896_edited

大統領府です。足場がかかり、工事が行われていました。
dsc02902_edited

地下鉄の駅です。地下鉄には乗りませんでした。
dsc02907_edited

観光客で賑わうフロリダ通りです。
dsc02908_edited

ブエノスアイレスの国際空港エセイサ空港です。
dsc02910_edited

「真水の海」ラプラタ川河口です。国内空港アエロパルケが見えます。そこから対岸は見えませんから、川幅は10km以上あります。
dsc02913_edited

パラグアイに帰ってきました。緑豊かな大地が印象的でした。
dsc02916_edited

空港に着いたら、飛行機を変更したにもかかわらず、航空券をお願いしたトラベルトピアの人が迎えに来てくれていました。変更を連絡できなかったので恐縮です。
最後にちょっともたもたしましたが、プラス面もあり、楽しい9日間でした。まったく連れて行ってもらった感じで、皆さんに感謝いたします。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ