日々是好日

2006年にJICAのシニアボランティアとしてのパラグアイでの生活を「パラグアイ便り」として書き始めました。帰国後の2009年「日々是好日」にタイトルを変更して生活の様子を綴っています。ブログ内の記事検索は左上の「記事検索」を利用して下さい。言葉を入れれば、該当する記事が出てきます。右側のカテゴリー別アーカイブもご利用下さい。

ボリビア

Bolivia 6

帰る日が来ました。7:15のフライトなので5時起きです。
dsc07975_edited

8時過ぎにサンタクルスに到着しました。緑の平地です。
dsc07994_edited

本来なら1時間ほどの乗り継ぎだったのですが、次のアスンシオン行は15:00です。リコンファームした時に分ったので、島旅行社に頼んでサンタクルスの市内観光をしました。9月24日広場とカテドラルです。
dsc08007_edited

木造の古い街並みを大事にしているそうです。
dsc08017_edited

次に河岸に行きました。ヤシの葉で葺いた休憩所が沢山あり、週末の憩いの場所のようです。
dsc08020_edited

お昼は地元の名店「Casa del Camba」に行きました。風邪で食欲がなかったのですが、鳥のロクロで息を吹き返しました。
dsc08031_edited

AeroSur755便は本日の定刻15時に離陸しました。
dsc08044_edited

チャコを縦断し、ビジャアジェスの橋にたどり着きました。
dsc08056_edited

今回の旅行の記念品です。
dsc08059_edited

これでパラグアイに隣接する国に一応足跡を残しました。

Bolivia 5

コパカバーナの一夜が明け、部屋はティティカカ湖一色です。
dsc07931_edited

まず1570年に建てられたカテドラルを見学しました。
dsc07935_edited

セマナサンタの時などはラパスから巡礼がくるそうです。
dsc07936_edited

山の上にもキリスト像が立っています。
dsc07942_edited

みやげ物屋を物色しました。ラパスより少し高いです。
dsc07934_edited

お昼に食べたスパゲティーナポリタンです。
dsc07950_edited

昼食後コパカバーナを後にしました。
dsc07833_edited

再び湖峡を渡ります。
dsc07960_edited

雪のアンデスの山を見ながらラパスに戻りました。
dsc07962_edited

寒暖の差の激しさと乾燥から風邪をひいてしまいました。

Bolivia 4

今日はティティカカ湖への1泊2日の小旅行です。昨日よりちょっと大きなバスで出発です。
dsc07783_edited

1時間半ほどでティティカカ湖が見えてきました。
dsc07793_edited

二つの半島が接近しているテキーナ湖峡を船で渡ります。人間はモーターボート、バスは台船で渡ります。
dsc07822_edited

この旅行のベース コパカバーナの町が見えました。
dsc07830_edited

ティティカカ湖畔にたつホテルロサリオです。気持ちの良いホテルで、湖で獲れたマスの昼食をとりました。
dsc07843_edited

昼食後ボートで出発です。
dsc07852_edited

インカ帝国発祥伝説の太陽の島です。
dsc07860_edited

太陽の島から見た月の島と白銀に輝くアンデスの山々です。
dsc07878_edited

太陽の島を1時間半ほど縦走しました。
dsc07895_edited

夕刻ホテルに戻り、部屋からティティカカ湖に落ちる夕日を堪能しました。
dsc07915_edited

夜は標高3890mの夜空を楽しみましたが、期待ほどではありませんでした。

Bolivia 3

今日はラパスから西に約70kmのティワナク遺跡に行きました。ティワナク文化はプレインカの文明です。午前8時頃にホテルを出発し1時間半で遺跡に到着しました。標高は3800mです。
dsc07704_edited

遺跡にはピラミッドや神殿があり、未だ発掘中です。
dsc07706_edited

半地下神殿です。
dsc07716_edited

ポンセの石像です。
dsc07735_edited

太陽の門です。
dsc07725_edited

お昼は遺跡のそばのレストランで、セットメニュー:スープ、マスのフライ、デザートを食べました。もういいだろうということで、ビールも飲んでしまいました。
dsc07751_edited

雪を頂いたアンデスの山を見ながらラパスに戻りました。
dsc07757_edited

ラパスに帰ってから、サガルナ通りでみやげを物色しました。ペルーの産物と良く似ています。
dsc07768_edited

夜は学生広場の近くのカフェテリアで済ませました。
dsc07769_edited

ラパスは人の出が多く、大きな田舎町という感じです。

Bolivia 2

ラパスの宿はEl Drado、1泊31ドルの3ツ星ホテルで、簡素ですがバスタブもあり、好感の持てるホテルでした。朝食のパンは絶品です。
dsc07523_edited

場所も7月16日大通りの学生広場の近くで、便利な所です。
dsc07524_edited

まず、ラパスでの観光をお願いしてある島旅行社を訪れました。すごい坂に驚きました。
dsc07528_edited

代金を払い、予約を確定させた後、午前中は近くのムリリョ広場付近を散策しました。ムリリョ広場とカテードラルです。
dsc07530_edited

ムリリョ広場に面して建つ国会議事堂です。
dsc07531_edited

午後からは観光バスに乗りました。屋根のない2階建てバスです。日差しが強く、暑いくらいです。
dsc07568_edited

初めに町の南に行きました。郊外の月の谷です。
dsc07589_edited

続いて、町の中心を巡回し、最後に町を見渡せる展望台に行きました。展望台からの眺めです。
dsc07624_edited

雪を頂いたイリマニ山(6402m)もきれいでした。
dsc07631_edited

夜はペーニャの「Huari(ウアリ)」に行き、フォルクローレを楽しみました。
dsc07668_edited

標高3650m、朝少し頭が痛かったので頭痛薬を飲みました。その後は頭痛はしませんでしたが、息切れはひどいものでした。

Bolivia 1

アスンシオン発18:00、サンタクルスで乗り継ぎ、ボリビアの首都ラパスに22:30に到着しました。航空会社はボリビアのアエロスールです。
dsc07518_edited

ラパスの空港は標高4082mの世界最高所にあり、すり鉢の底にあるラパスの市街(標高3650m)まで、夜景を見ながら一方的に下っていきます。
ホテルを予約した時に、迎えのタクシーも頼めたので、深夜の到着でしたが、スムーズに安心してホテルに到着できました。

ボリビアに行ってきます

明日からボリビアに行ってきます。
首都のラパスだけですが、ティティカカ湖には行ってみるつもりです。前に飛行機から見たティティカカ湖です。
9240664e.jpg

これで一応パラグアイに隣接する国全てに行くことになります。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ