日々是好日

2006年にJICAのシニアボランティアとしてのパラグアイでの生活を「パラグアイ便り」として書き始めました。帰国後の2009年「日々是好日」にタイトルを変更して生活の様子を綴っています。ブログ内の記事検索は左上の「記事検索」を利用して下さい。言葉を入れれば、該当する記事が出てきます。右側のカテゴリー別アーカイブもご利用下さい。

2020年01月

南イタリア紀行3-2 Viaja al sur de Italia

16:00アルベロベッロに向けて出発です。315km、約4時間のドライブです。
dscn0011_edited

20時 アルベロベッロのホテル ASTORIA に到着
dscn0036_edited

アルベロベッロ在住の陽子さんの勧めで、見学に出かけました。市庁舎です。
dscn0070

クリスマスのイルミネーションがまだ続いているのだそうです。
dscn0072

展望台からのトゥルッリ群の眺めです。
dscn0041_edited

陽子さんの家(トゥルッリ)に向かいます。
dscn0065

陽子さんのトゥルッリの内部です。
dscn0045_edited

天井裏です。本当は天井板があって見えません。
dscn0046_edited

神棚です。
dscn0047_edited

今でも寝室として使っているそうです。
dscn0049

屋上もあります。屋上からの眺めです。
dscn0056_edited

陽子さんです。見学料として商品を買いました。後で色んな風評を聞きました。
dscn0058_edited

見学後、生ハムとモッツァレラチーズで冷たいビールを飲みました。
dscn0068_edited

今回の旅行で一番おいしい食事でした。

南イタリア紀行3-1 Viaja al sur de Italia

昨晩泊まったホテルです。見かけよりはよかったです。8時に出発しました。
dscn2339_edited

予想されていた渋滞はなく、30分で港に着きました。
dscn2342 (2)_edited

カプリ島行きの船は9:30出航です。待ち時間を利用してナポリ観光です。
dscn2359

港の近くにあるヌーヴォ城に行きました。13世紀創建だそうです。
dscn2360_edited

城の入口は、港側とは反対側にあります。凱旋門と言われているようです。
dscn2368_edited

門の扉の穴は砲弾で破られた痕跡だそうです。
dscn2374_edited

城は現在博物館になっているようです。
dscn2369_edited

いよいよカプリ島めざして乗船です。双胴船です。
dscn2392_edited

予定通り9:30に出港しました。カプリ島までの30kmを45分で走ります。
dscn2404_edited

空が曇ってきました。ヴェスビオ山にも雲がかかっています。
dscn2406_edited

漁船にカモメが群がっています。遠くにカプリ島に向かう客船も見えました。
dscn2419

カプリ島が見えてきました。
dscn2422_edited

10:20 カプリ島に到着 港のあるカプリ地区です。
dscn2431 (2)

海は穏やかでしたが、青の洞窟への船は欠航。バスで島内観光となりました。
dscn2440_edited

公園に大きなカプリ島全島の地図がタイルで作られていました。
dscn2445_edited

まず、カプリのウンベルト一世広場に行きました。サントステファノ教会です。
dscn2450_edited

シーズンオフなので、多くの店は閉まっています。それでも観光客は結構いました。
dscn2453_edited

南側の海が見えるアウグスト公園に行きました。
dscn2471_edited

フェラリョー二岩礁、ガイドは夫婦岩と言っていました。
dscn2479

カプリ島産の香水を売っています。売り子はどういうわけか白衣を着ていました。
dscn2463_edited

ナポリからは30kmですが、ソレント半島の先端からは10km足らずのようです。
dscn2490_edited

13:40発の連絡船でナポリに戻りました。
dscn2497_edited

昼食はナポリ、ピザの食べ放題で、4人で大判3枚を食べました。
dscn0003_edited

青の洞窟は初めから無理だと思っていたので、ショックはありませんでした。

南イタリア紀行2-2 Viaja al sur de Italia

ポンペイの対岸ソレント半島の向こう側にあるアマルフィ海岸を訪れました。
dscn2257_edited

トンネルを抜けて反対側に出ると、断崖絶壁と青い海が待っていました。
dscn2282_edited

アマルフィの真珠と称されるポジターノの街です。青い海、白い家、見事な眺めです。
dscn2298_edited

白い家は山の方まで続いています。
dscn2292_edited

世界一美しいと言われるアマルフィ海岸の中心都市アマルフィです。
dscn2331_edited

港を中心に沢山のホテルが建ち並んでいます。
dscn2330_edited

ドゥオーモ広場の噴水です。オッパイから水が流れ出ています。
dscn2317_edited

ドゥオーモ(大聖堂)です。工事中でした。ちょっとイスラム風です。
dscn2316_edited

ドゥオーモの内部です。
dscn2318_edited

17時にアマルフィの観光を終了し、ナポリに向かいました。
dscn2338_edited

ナポリ着19:30、夕食はホテルで。メインディッシュはポークでした。
dsc01255

前菜のパスタで満腹になってしましました。

南イタリア紀行2-1 Viaja al sur de Italia

ポメツィアで泊まったホテルです。自称4星ですが、ビジネスホテルクラスでした。
dscn2083_edited

日の出前の7:20出発、高速道路で250km先のポンペイを目指します。
dscn2096 (2)

郊外に出ると、ブドウなど果樹の畑、牧草地を横に見て、走ります。
dscn2123_edited

左手に見えるイタリア半島の背骨 アペニン山脈の山は雪で白銀に輝いています。
dscn2121_edited

ヴェスビオス山が見えてきました。ナポリを通り過ぎて、ポンペイに向かいます。
dscn2131_edited

ポンペイ遺跡のゲートです。ポンペイには1995年に来ています。25年振りです。
dscn2133_edited

海からの入口、マリーナ門 右の坂道を登って入ります。
dscn2136_edited

フォロ(広場)に続く街路
dscn2144_edited

フォロ、ジュピター神殿などがあります。ヴェスビオス山が見えました。
dscn2154_edited

娼婦の館の壁画。メニューだそうです。
dscn2172_edited

火山灰に埋もれていた遺体の空洞を石膏取りしたものが展示されています。
dscn2179_edited

スタビアーネ浴場、テピダリウム(微温浴室)にあるレリーフです。
dscn2187_edited

街路のわだちです。前に来た時の一番印象に残っていたのはこのわだちでした。
dscn2195_edited

パン屋の挽き臼を説明するガイドのマクロさん、オヤジギャグでわかせました。
dscn2198_edited

墓地、金持ちの墓、火葬だそうです。
dscn2208_edited

「ディオニュソスの秘儀の間」の壁画、復元されたものではありません。
dscn2231_edited

昼食はサラダ、ボンゴレスパゲッティ、海鮮サラダ、デザートでした。
dscn2238

午後はアマルフィ海岸のドライブに出かけます。

南イタリア紀行1 Viaja al sur de Italia

HISの「成田発着!南イタリア6日間」に行ってきました。
11:25オランダ航空KL862でまずアムステルダムに向かいます。B777型機でした。
dscn1990_edited

朝方まで降っていた雨が上がり、離陸すると富士山が見えました。
dscn1998_edited

飛行ルートは、ハバロフスクからシベリアを通る極圏航路です。
dscn2021

日本海を越えて大陸に入ると雪をかぶった山が見えてきました。
dscn2020_edited

離陸から2時間、13時に昼食がでました。洋食(ハンバーグ)を選びました。
dscn2009

シベリア上空を延々と飛んでいきます。遠くにANA機を発見、長い間併走しました。
dscn2024

21:40 夕食がでました。パスタでした。KLMの食事はまあまあです。
dscn2049

アムステルダムの街が見えてきました。曇りです。
dscn2059_edited

15:30 時差ー8時間、アムステルダム空港に到着、12時間のフライトでした。
dscn2066_edited

入国手続きをして、16:55 KL1607 に乗り換えて、ローマに向かいました。
dscn2067_edited

日が暮れて夜間飛行になり、アルプスを見ることはできませんでした。
dscn2073_edited

19:10(日本時間3:10)ローマ到着、成田出発から約16時間の旅でした。
dscn2081

ローマ到着後、30km離れたポメツィアに行き、そこに泊まりました。

雪の名残 Rastros de nieve

深夜、東京でも雪が降ったようです。
dsc01251

今朝は雨でしたが、芝生に雪が残っていました。

新年会 Fiesta de año nuevo

碑文谷八幡宮の氏子総代新年会が開かれ、玉串奉奠後、歌舞音曲を楽しみました。
dsc01242_edited

今年も津軽三味線の名手の演奏に聴き惚れました。

お年玉切手 sello

お年玉付き年賀はがきで、100枚で3枚当たる3等の切手シートが4枚当たりました。
dsc01238_edited

賀状は減らしていて、80枚足らずでしたので、今年は当たり年かもしれません。

歌舞伎 Kabuki

新春浅草歌舞伎を観てきました。演目は絵本太功記と仮名手本忠臣蔵でした。
dsc01222_edited

若手、浅草と、雰囲気が歌舞伎座とはちょっと違います。

もちつき大会 Mochi

大岡山西住区住民会議の新年子ども会でもちつき大会が行われました。
2020もちつき大会
250人が参加し、目黒囃子を聞き、もちをつき、お雑煮をいただきました。

ピーナッツリング Anillo de maní

殻付きの落花生を安く売っていたので、ピーナッツリングを作りました。
dscn1970_edited

炒ったものですが、1週間ほどで、シジュウカラが食べに来るようになりました。

ワンゲル同期会 Reunión sincrónica

1年でやめてしまったワンゲルですが、同期会に呼んでもらいました。
dsc01197_edited

56年振りです。当時の写真を持ってきた人がいて、昔を懐かしみました。

洗足小池 Pequeño estanque

洗足大池に対し、小池があるというので、行ってみました。
dscn1916_edited

結構大きな池です。昔は釣り堀だったそうです。今でも湧水が流れ込んでいます。
dscn1919_edited

冬鳥が来ていました。洗足池にはいなかったオオバンが結構いました。
dscn1927_edited

カルガモはここにもいました。ユリカモメは2,3羽です。
dscn1925_edited

ヒドリガモが複数のつがいで飛来しました。これも洗足池にはいなかった鳥です。
dscn1945_edited

一時は水質が悪化したようですが、今では冬鳥が来るきれいな池になっています。

小山弁天池 Estanque

昔カモが良く来たという小山の弁天池に行ってみました。
dscn1909_edited

羽を痛めて、飛べなくなったカルガモが1羽いました。
dscn1905_edited

水は濁り、湧き出していた水が涸れてしまったようです。

くらりか clase de ciencia

くらりかの元代表が交通事故で急逝されました。享年78歳
dsc01170_edited

まだまだ元気で活動されていました。残念なことです。

大岡山西住区 La región occidental en Ookayama

大岡山西住区住民会議役員の新年会が自由が丘の「八」で行われました。
八

新年の初行事は、19日の新年子ども会・もちつき大会です。

薄明 Crepúsculo

日の出が最も遅い時期を迎えました。薄明かりの下でラジオ体操です。
dsc01167_edited

この所、気温が5℃以上の朝が続いています。

庭に来る鳥 Pájaros que llegan a mi jardín

餌場を作ってから、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリ、スズメがいつも来ています。
庭鳥
たまにキジバトも来ます。ツグミなどの渡り鳥はまだ姿を見せません。

パラグアイ倶楽部 paraguay club

パラグアイ倶楽部で初詣に行きました。築地の波除稲荷神社です。
dsc01160

新年会は築地場外のそば屋 長生庵で行いました。
2020新年会

味は良いのですが、有名店らしく、混んでいて、せわしい店でした。

越冬さなぎ Pupa de invierno

植木鉢の陰にアゲハチョウのさなぎを見つけました。
dsc01135_edited

さなぎで冬を越すようです。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

Kazu

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ