日々是好日

2006年にJICAのシニアボランティアとしてのパラグアイでの生活を「パラグアイ便り」として書き始めました。帰国後の2009年「日々是好日」にタイトルを変更して生活の様子を綴っています。ブログ内の記事検索は左上の「記事検索」を利用して下さい。言葉を入れれば、該当する記事が出てきます。右側のカテゴリー別アーカイブもご利用下さい。

2009年11月

マンリョウ flora

マンリョウの実が真赤になりました。
dsc02440_edited

碌に世話をしないのに感心なものです。

紅葉2 enrojecimiento

明治神宮外苑のイチョウを見に行ってきました。
dsc02390_edited

去年は11/25でもう少しでしたが、今年は早いようです。
dsc02421_edited

夕方行ったので、見た目より色が濃く撮れました。
dsc02410_edited

平日の午後というのにすごい人でした。
dsc02402_edited

夜、昔の会社にいた人がパラグアイに行くというので、楽しく飲んで情報を提供しました。

明日の神話 pintura

渋谷駅の井の頭線へのコンコースに岡本太郎の壁画があるのに気がつきました。「明日の神話」です。
dsc02380_edited

岡本太郎が描いた第五福竜丸の水爆をモチーフにした壁画がメキシコから引取られ、広島、大阪、東京で取り合いになり、渋谷に飾られたことは知っていましたが、設置場所と名前をきちんと認識していませんでした。

Windows7

先日買った妻のパソコンのWindows7へのアップグレードキットが届いていたので、アップグレードを行いました。
dsc02381_edited

夕食後開始したら、終了は深夜になってしまいました。Windows7の様子はまだ実感していません。

紅葉1 enrojecimiento

天気が良さそうなので、紅葉が見頃の高尾山に行ってきました
dsc02371_edited

9時半に着き、2回待ちでケーブルカーに乗れました。
dsc02297_edited

山頂に向って歩き出すと見事な紅葉が見られました。
dsc02303_edited

薬王院を経て、
dsc02318_edited

山頂に到達しました。山頂の紅葉は盛りを過ぎた感じです。
dsc02326_edited

山頂からは白銀に輝く富士山を見ることができました。
dsc02319_edited

山を少し下るとまたまた見事な紅葉です。
dsc02350_edited

天気は快晴で、展望台からは東京の方も見えました。
dsc02351_edited

下りはケーブルカーに乗らず歩いてみました。途中紅葉がきれいな所はなく、登山口に至りました。
dsc02366_edited

下りてくるとすごい人で、ケーブルカーは1時間待ち、多くの人が歩いて山に登っていました。
今日の万歩計の歩数は18368歩でした。

水着 banador

帰国した18日 東京はすごく寒かったので、旅の疲れもあり、昨日はジムを休みました。しかし、今日は意を決してジムに行ってきました。
売店で水着の半額セールをやっており、もう少しスリムになってからと思っていましたが、水着を買ってしまいました。
今まで使っていた左はパラグアイで買ったもので、これでサイズはMです。右は今度買ったものでサイズはLです。
dsc02382_edited

新しい水着は素晴らしく、何も着けていない感じで、全く抵抗がありません。お陰さまで100mを楽に泳げるようになりました。

再会 reencuentro

再度パラグアイに行っていた友人が帰国したので、パラグアイで一緒だった友人達が五反田の「二本松」に集りました。
dsc07589_edited

美味しい肴と酒、楽しい話を満喫しました。
先日「二本松」に行こうとしたのに見つからなかったのは、筋が1本違っていたためと分りました。Kさんすいませんでした。

スペイン紀行12 帰国

帰る日がきました。5時半に起床、外はまだ真っ暗です。
dsc02263_edited

朝食の弁当を食べ、7時にホテルを出発、空港は薄曇でした。
dsc02267_edited

派手な格好の3人娘がいました。マルタ島から来たそうです。
dsc02264_edited

スイス国際航空LX2021でチューリッヒに行きます。
dsc02268_edited

チューリッヒで成田行に乗換え。時間は1時間ありません。
dsc02276_edited

13時に離陸し、1時間半後に昼食が出ました。
dsc02277_edited

日本時間6:41 11月18日の日の出です。
dsc02282_edited

朝食が出て、飛行11時間半 8時半に成田に着陸しました。
dsc02284_edited

今回の旅行のおみやげです。
dsc02289_edited

1人参加が15人もいて、総勢38人のグループを率いた添乗員さん、ありがとうございました。この添乗員さんは4年前の中欧旅行でもお世話になった人で、奇遇を祝しました。参加の皆さん、お疲れ様でした。

スペイン紀行11 Segovia

セゴビアはマドリッドの北西95kmです。6号線を下ります。
dsc02143_edited

マドリッドは雲っていましたが、気がつくと晴れていました。
dsc02152_edited

1時間ほどでセゴビアに到着 アルカサル:お城です。映画「白雪姫」のお城のモデルだそうです。
dsc02163_edited

全長728mのローマ時代の水道橋が残っています。今は、老朽化を防ぐため水は流されていません。
dsc02203_edited

2段のアーチ橋が連なり、高さは最大28mだそうです。
dsc02197_edited

水道橋のそばにはセゴビア名物 子豚料理の名店があります。
dsc02199_edited

水道橋からセゴビアの街を歩いて行くと
dsc02209_edited

サンマルティン教会とその広場に至ります。
dsc02219_edited

更に進むと、カテドラル大聖堂が見えてきます。
dsc02229_edited

「カテドラルの貴婦人」と呼ばれるセゴビアの大聖堂です。
dsc02233_edited

マジョール広場には市庁舎や
dsc02234_edited

劇場があります。
dsc02235_edited

ユダヤ人街を通り、階段を降りて振り返ると、子豚料理を広めた人の像とカテドラルが見えました。
dsc02244_edited

18時マドリッドに戻ってくると、テレビ塔が見えました。
dsc02256_edited

夕食ではホテルからワインの差し入れもあり、みんなでスペイン最後の夜を楽しみました。
dsc02261_edited

1人参加が多かったので、10日間ですっかり仲良くなりました。

スペイン紀行10 Madrid

月曜日が休館なので、トレドから帰ってきた15日(日)の夕刻に無理をして、プラド美術館に行きました。ゴヤの像が迎えてくれました。
dsc01927_edited

18年振りで前回のことはほとんど憶えていませんでしたが、絵を見ている内に段々記憶が甦りました。建物は改築されたようです。
dsc01925_edited

1時間半自由に見てまわりました。ファンデルウェイデンの「キリスト降架」が気に入りました。撮影禁止なので画像借用です。
762px-rogier_van_der_weyden_016_edited

午後8時ホテルオアシスに到着しました。
dsc01933_edited

11月16日(月)マドリードの日の出は午前8時でした。
dsc01944_edited

9時にホテルを出発、スペイン広場に向いました。
dsc01977_edited

セルバンテス像がドンキホーテ達を見下ろしています。
dsc01982_edited

王宮です。前回の裏側から見ているようです。
dsc02006_edited

王宮の前にあるオリエンテ広場です。
dsc02020_edited

現代的なサンミゲルマーケットには、肉、魚、果物、お菓子他、色々なものがきれいに並べられていました。
dsc02047_edited

マジョール広場です。前は夜行ったのを今思い出しました。
dsc02061_edited

街道の起点プエルタデルソル(太陽の門)です。
dsc02070_edited

プラド美術館の前にある免税店ティミールに行きました。
dsc02102_edited

マドリッドのターミナルのひとつアトーチャ駅です。
dsc02111_edited

お昼は美味しいパエジャをいただきました。
dsc02131_edited

昼食後はOPでセゴビア観光に出かけました。

スペイン紀行9 Toledo

ホテルを朝8時に出発し、コルドバから344km 古都トレドに行きました。途中 橋が作られていました。
dsc01736_edited

4時間弱でコンスエグラの風車と城砦が見えました。
dsc01784_edited

トレド駅には高速列車AVEが来ています。
dsc01796_edited

トレドに着くと、まずタホ川の対岸から街全景を眺めました。
dsc01800_edited

右側に見えるアルカサル:城砦です。
dsc01811_edited

左に見えるカテドラル:大聖堂です。
dsc01812_edited
昼食はこの対岸のレストランでビーフ煮込みでした。
dsc01824_edited

トレドの街には、屋外のエスカレータに乗って入りました。
dsc01835_edited

カテドラルです。
dsc01848_edited

カテドラル前の市庁舎でしょうか。
dsc01850_edited

トレド名物マサパンを作る様子が展示されていました。
dsc01861_edited

サントメ教会でグレコの絵を見ました。予想外に見事でした。
dsc01867_edited

「オルガス伯爵の埋葬」 撮影禁止で、画像を借りてきました。
elgreco_orgaz01_edited

サン・フアン・デ・ロス・レジェス修道院です。
dsc01883_edited

タホ川に架かるサンマルティン橋を渡り、市外に出ました。
dsc01890_edited

トレド観光後、70km離れたマドリ(ッド)に向いました。

スペイン紀行7 Sevilla

ホテルを8:15に出発し、240km離れたセビージャに向いました。この黒い牡牛はシェリー酒の看板であちこちに立っています。
dsc01354_edited

立ち寄ったドライブインで生ハムを売っていました。右がボデガで1本55ユーロ、左がイベリコで1本152ユーロです。イベリコ豚は3倍近い値段です。
dsc01362_edited

3時間余り走り、11時半セビージャに到着しました。
dsc01390_edited

まずスペイン広場に行きました。
dsc01418_edited

18年前に来た時にここの役所を訪問したのを思い出しました。
dsc01432_edited

サンタマリア号の記念塔です。巨大なゴムの木もありました。
dsc01439_edited

ユダヤ人街を散策しました。かつてここに住んでいた画家ムリーリョの名を冠したホテルがありました。
dsc01474_edited

ヒラルダの塔です。前に来た時には登りました。
dsc01480_edited

カテドラルです。今回は中に入りませんでした。
dsc01520_edited

アルカサル イスラム時代の城をイスラム風宮殿に改築
dsc01513_edited

セビージャにはしゃれた路面電車が走っていました。
dsc01528_edited

地下鉄の駅も現代的です。
dsc01532_edited

グアダルキビール川にかかるサンテルモ橋からの「黄金の塔」
dsc01542_edited

昼食にはソパデアホ(ニンニクのスープ)が出ました。
dsc01548_edited

昼食後、マエストランサ闘牛場の前を通って、
dsc01553_edited

137km離れたコルドバに向いました。

スペイン紀行8 Cordoba

セビージャから東にオリーブ畑の中をコルドバに向いました。
dsc01558_edited

4時コルドバ到着、ローマ橋の向うにメスキータが見えました。
dsc01572_edited

川と橋の感じはイランのイスファハンでの景色を思い起こさせます。ローマ橋の手前にはカラオーラの塔です。
dsc01570_edited

メスキータはスペイン語でモスクのこと 中庭にそびえるミナレットです。現在は鐘楼になっています。
dsc01600_edited

モスクだった時の入口 シュロの門です。
dsc01601_edited

「円柱の森」 850本の柱が林立するメスキータの内部です。
dsc01648_edited

キリスト教の寺院になったので聖画が飾られています。
dsc01625_edited

それでもミフラーブ(メッカの方向を示す祭壇)が残っています。
dsc01632_edited

ミフラーブの上の美しいモザイクの天井です。
dsc01631_edited

宝物殿にある 祭の時、街を巡回する聖体の輿です。
dsc01635_edited

キリスト教大聖堂としての中央礼拝堂の祭壇です。
dsc01653_edited

祭壇に対峙する聖歌隊席です。
dsc01651_edited

メスキータを出て、ユダヤ人街を散策しました。花の小道です。
dsc01677_edited

観光を終えると夕空にメスキータが浮かび上がっていました。
dsc01695_edited

午後7時ゴルドバのアイレホテルに到着しました。
dsc01700_edited

夕食はホテルでのバイキングでした。

スペイン紀行5 La Alhambra

今日はこの旅行のハイライト、グラナダの世界遺産アルハンブラ(スペイン語ではアランブラ)宮殿の観光です。
dsc01116_edited

入場時間の関係で初めにへネラリフェ庭園に行きました。
dsc01120_edited

連なる噴水を刈り込まれた糸杉が取り囲む回廊です。
dsc01123_edited

一番奥にある、「水の宮殿」とも呼ばれる夏の離宮「へネラリフェ」のアセキアの中庭です。
dsc01131_edited

へネラリフェからはアランブラ宮殿の全景が眺められます。
dsc01125_edited

アランブラの城砦、アルカサバです。
dsc01155_edited

9時になり宮殿に入場しました、カルロス5世宮殿です。
dsc01152_edited

メスアール宮の噴水のある中庭です。水音がしています。
dsc01160_edited

宮殿の中心部コマレス宮 アラヤネスの中庭です。
dsc01167_edited

ライオン宮の中庭ではライオンは修理中でいませんでした。
dsc01186_edited
二姉妹の間の天井は宮殿一美しい鍾乳石飾りです。
dsc01189_edited

夏は猛暑というアランブラの緑と噴水の中庭です。
dsc01193_edited

アランブラを世界に紹介したアービングが「アルハンブラ物語」を執筆した部屋からはアルバイシン(旧アラブ人街保存地区)が望めます。
dsc01201_edited

ナスル朝宮殿を出ると、貴婦人の塔とパルタル庭園です。
dsc01210_edited

秋にもかかわらずきれいな花が咲いていました。
dsc01218_edited

イスラム王朝の至宝アルハンブラ、それを破壊しなかったスペイン王朝、美が宗教を越えて理解されたのでしょう。

スペイン紀行6 Mijas

グラナダを後に地中海のコスタデルソルに向いました。
dsc01235_edited

マラガを通り過ぎ、午後1時トレモリノスに着きました。
dsc01258_edited

昼食は海岸通りのレストランで白身魚のフライでした。
dsc01269_edited

食事をしていると、海霧の中ジャンクのような帆船が音もなく通って行きました。幻想的な光景でした。
dsc01266_edited

食後、今晩の宿泊地ミハスに入りました。
dsc01278_edited

午後3時過ぎホテルミハスチェックインし、
dsc01286_edited

自由行動でミハスの街を散策しました。中心の広場です。
dsc01307_edited

みやげ物屋です。
dsc01305_edited

海には霧が出て地中海はよく見えませんでした。
dsc01318_edited

ミハスは山の中腹にある白い街です。
dsc01324_edited

夕食はホテルのバイキングでした。
dsc01340_edited

夜、ホテルからフエンヒローラの街の灯りが見えました。
dsc01346_edited

忙しい日程の中で、のんびりとした午後を過ごしました。

スペイン紀行4 La mancha/Flamenco

今日はラマンチャの風車を見てグラナダに入ります。
ラマンチャ地方に向うと初めに現代の風車が現れました。
dsc00903_edited

スペインでは余り見られなかった羊もいました。
dsc00920_edited

カンポデクリプターナの風車です。観光用に保存されています
dsc00935_edited

粉を挽く 中の構造です。方向は後側の木の棒で調節します。
dsc00946_edited

昼食は人里離れた旅籠のレストランでした。
dsc00980_edited

古民家風食堂で鶏肉料理をいただきました。
dsc00974_edited

グラナダに280km南下しました。休憩したドライブインです。
dsc00994_edited

シエラネバダ山脈に夕暮れがせまります。
dsc01007_edited

午後6時過ぎ今晩のホテル ロスアンヘルスに到着
dsc01021_edited

夕食は薄いビーフステーキでした。
dsc01029_edited

夕食後OPでフラメンコを見に行きました。La Tarantosです。
dsc01100_edited

dsc01047_edited

dsc01067_edited

dsc01093_edited

帰りにライトアップされたアルハンブラ宮殿を見ました。
dsc01103_edited

ホテルに帰ったら午後11時をまわっていました。

スペイン紀行3 Tarragona/Valencia

今日はタラゴナを経てバレンシアに行きます。
タラゴナはローマ時代の大都市で、バルセロナの南100km ホテルを8時半に出発し、1時間後看板が出てきました。
dsc00694_edited

郊外にあるローマの水道橋(悪魔の橋)を写真撮影した後
dsc00697_edited

10時にローマ遺跡で世界遺産のタラゴナに到着しました。
dsc00721_edited

「地中海のバルコニー」から地中海を眺め、
dsc00714_edited

ローマの円形闘技場を俯瞰しました。
dsc00720_edited

その後地中海を左に見てバレンシアまで260km南下しました。
dsc00768_edited

午後2時前にバレンシアに到着、ポークソテーの昼食です。
dsc00772_edited

デザートにバレンシアオレンジが出ました。
dsc00777_edited

レイナ広場に面して建つミゲレテの塔とカテドラルです。
dsc00834_edited

カテドラルの入口です。
dsc00826_edited

カテドラルの内部です。聖杯の見学は割愛しました。
dsc00827_edited

中央市場です。朝しか開いていないそうです。
dsc00840_edited

世界遺産のラ ロンハ(絹取引所)です。これが?何で?
dsc00846_edited

バレンシアのニュースポット 芸術・科学都市です。
dsc00867_edited

17:30ホテル Best Western Albferaに到着
dsc00868_edited

夕食はパエジャで期待しましたが、ドライカレーのようなパエジャでした。

スペイン紀行2 Barcelona/Montserrat

7時40分バルセロナの夜が明けました。
dsc00430_edited

まず初めにサグラダファミリアに行きました。見事です。
dsc00442_edited

中の展示場で説明を受けました。ガウディーの肖像画です。
dsc00448_edited

内部の様子です。まだまだ工事中です。
dsc00457_edited

エレベータで上に登りました。モンジェイクの丘が見えました。
dsc00464_edited

次は「芸術には人を癒す力がある」というサンパウ病院です
dsc00491_edited

グエル公園は人であふれかえっていました。
dsc00542_edited

車窓からのカサ・ミラです。モチーフは山だそうです。
dsc00553_edited

同じくカサ・バトリョです。モチーフは海です。
dsc00555_edited

お昼はタパス(小皿料理)を楽しみました。
dsc00583_edited

午後からはOPで北西へ53km離れた聖地モンセラットに出かけました。岩山の上に修道院が建てられています。
dsc00593_edited

右に進むと修道院付属の大聖堂(Basilica)があります。
dsc00625_edited

Basilicaの内部です。荘厳です。
dsc00641_edited

ご本尊の黒いマリア像La Morenetaです。触れるとご利益があるという、持たれている玉に触ってきました。
dsc00631_edited

多くの巡礼が訪れるキリスト教の聖地だそうです。
dsc00633_edited

夕食はホテルのバイキングで、食後、近くのショッピングモールを覘きました。

スペイン紀行1出発 viaje a Espana

阪急トラピィックスの「秋限定!スペインに行こう10日間」でスペインに行って来ました。全食事付で、燃料サーチャージを含めて約20万円と割安だったせいか、参加者は1グループの限界に近い38名でした。更に1人参加追加代金が約3万円と通常の半額だったため、1人参加者が男6人、女9人、計15人もいました。かく言う私も1人参加です。
成田集合午前9時、11:05発のスイス国際航空でチューリッヒ経由、バルセロナに向いました。
dsc00410_edited

離陸後1時間余で昼食が出ました。パスタを選びました。
dsc00415_edited

13時間弱でチューリッヒに到着、雨が降っていました。
dsc00421_edited

乗継時間は1時間半、空港はクリスマスの飾付けです。
dsc00419_edited

19時バルセロナに到着し、直ちにバスでホテルに向いました。
dsc00423_edited

ホテル到着20時半、バルセロナ郊外のカンパニーレです。
dsc00425_edited

部屋に入ったのは21時少し前、日本時間では午前5時近くで、家を出てから23時間、さすがにくたびれました。

トマト tomate

孫の大和と一緒に植えたトマトが生い茂り、時々収穫していましたが、大分枯れてきたので、伐採することにしました。
dsc00407_edited

最後の収穫です。
dsc00408_edited

明日から18日までスペイン周遊旅行に行ってきます。帰ってきたら旅行記を書きますので、待っていてください。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ