日々是好日

2006年にJICAのシニアボランティアとしてのパラグアイでの生活を「パラグアイ便り」として書き始めました。帰国後の2009年「日々是好日」にタイトルを変更して生活の様子を綴っています。ブログ内の記事検索は左上の「記事検索」を利用して下さい。言葉を入れれば、該当する記事が出てきます。右側のカテゴリー別アーカイブもご利用下さい。

2007年06月

寒波2

今週は再び寒くなり朝の最低気温が10℃程度で、雨あるいは曇りで日中も温度が上がらない日が続いていました。
今朝はこの冬最低の3℃を記録し、すごい霧に見舞われました。
dsc05149_edited

完全防備でそば打ち教室に出かけましたが、日が昇り、霧が晴れると気温も18℃まで上がり、穏やかな晴天になりました。

へーネス先生さようなら Adios Profe

へーネス先生最後の登校日、土木建設科の講義室で生徒達とのお別れパーティーが開かれました。
dsc05140_edited

校長先生も来て、へーネス先生のお別れの挨拶です。残念ながら内容はまったく分りませんでしたが、至極あっさりしたものでした。
dsc05142_edited

へーネス先生が歌がうまいことは生徒達もよく知っていて、生徒達が歌った後、先生に歌を所望し、先生も得意の喉を聞かせました。
dsc05146_edited

パーティー終了後も、へーネス先生は課題設計への最後の指導をしていました。

へーネス先生 Prof. Genes

火曜日に学校に行ったら、土木建設科主任のへーネス先生が今月で退職するというのです。この間53歳の誕生を祝ったばかりなので、若すぎますが、古い制度では勤続25年で停年なのだそうです。(新制度では60歳定年)
へーネス先生とは何か馬が合い、工場見学に連れて行ってもらうなど大変お世話になったので、何か記念品をと考えました。
それで、先生の絵を描いて贈ることにしました。
dsc03402_edited

あまり似ていないみたいなので心配になり、名前を隠して生徒にこっそり見せて、誰だと訊いたら迷わずへーネス先生と答えてくれたので、安心しました。

そば打ち教室3

昨日はそば打ちの2回目で、マイボウルを買って持って行きました。
初めにそば粉7、小麦粉3をはかり、ふるいを通して殻を除去した後、空練りし、少しずつ水を加えて、かき混ぜます。練るわけではありません。所定の水量は粉体重量の半分ですが、最後の10%で硬さを調整します。
dsc05102_edited

開始時間より早く行ったので秤が来ていなくて、材料を計量カップの容積計量ではかりました。前回は少な目だったので、今回は良く振動を与えてはかりました。ところがこれが良くなく、そば粉がかなり多くなってしまったようです。粉体の半分の水を加えても硬すぎます。工程を進めてからも水を加えましたが、最後まで硬めで作業に多大の労力を要しました。
その上、茹でても切れ易く、そばの味は強いのですが、見た目は良くありませんでした。やはり重量計量の大切さを痛感しました。

アサード Asado

父母会の出店にマルティネス御夫妻も来ていて、アサードに招待されました。例によって建設科のアサードです。家に行くと収穫された柑橘類が飾ってあり、帰りにもらって帰りました。
dsc05128_edited

昨日はスルビ(ナマズ)の煮物でした。比較的速く進行したのですが、後半学校の問題の討論が白熱し、帰宅したのは午前2時半でした。
dsc05129_edited

スペイン語が前よりほんの少しですが分るようになったように感じました。今日は休みではないということで、今朝はパートナー共々7時に登校しました。

サンフアンの祭 San Juan

朝、学校に行ったら、裏門を開けて物を運び入れたり、火を起こしたりしていました。アサードでもするのかと思いましたが、見知らぬ人達なので他の学科のことと思っていました。
1時間目の授業が終り、教官室の方に行ったら、机を並べ、なにやら食べ物を売っています。訊いてみたら、建設科の父母がパラグアイの食べ物を供しているとのことです。
dsc00831_edited

マンジョーカを粉にして焼いたべジュー(MBEJU)という食べ物とマテ茶に焦がした砂糖を入れたコシードという飲み物を初めて食しました。
dsc00828_edited

ホテルに帰って訊いてみたら、サンフアンの祭の一環ではないかということです。サン・フアンとは聖ヨハネのことで、夏至の6/24頃に火祭りを行うのだそうです。

民芸品展

パラグアイメーリングリストで紹介されていた民芸品・工芸品展示会に行ってきました。正直言って買いたいものや、特に感心するものはありませんでした。アスンシオンに慣れてしまったせいかもしれません。
dsc05127_edited

在パラグアイ商工会議所が関係した日本での展示会の様子がきれいなパネルで紹介されていました。
dsc05123_edited

6/30まで、昔の鉄道の中央駅でやっています。

コート Abrigo

パラグアイの寒さが予想以上だったので、オーバーコートを買うことにしました。ナイロンの薄いウインドブレーカーしか持ってきていなかったのです。
冬休み(7/7-22)にアスンシオンより寒いチリのサンチャゴに行く予定なので、その時にも使えるように、革のコートを探しました。
牛が沢山いて、皮革製品は多いのに、革のコートを着ている人はあまり見かけません。寒さがそれほどでないせいでしょう。
セントロにレザーの専門店があるというので行ってみたら、店は空っぽで残っているのは看板だけでした。次にアルゼンチン大使館の近くのブティックに行ってみたら、良さそうなコートが飾ってありましたが、表示してある開店時間中なのに閉まっていました。
くたびれてホテルに戻ってきたら、近くの家具屋(レザーのソファー)でコートも売っているというのです。行ってみたらありました。探し回った後であったのと、値段も$100と手頃だったので買ってしまいました。
dsc03395_edited

ただし、これ本当は女物です。これでどんな寒さがきても大丈夫です。しかし、今日も気温は30℃になりました。あの寒さはどこにいってしまったのでしょうか。

そば打ち教室2

今日はそば打ち教室の2回目です。初めて計量からそば切りまでを行いました。とは言っても、肝心のところは先生の作です。
前回行ったそば切りだけは少しうまくなりましたが、スピードはまだ全然ありません。
dsc03393_edited

4人分作り、フロントの篤子ちゃんに1人前あげて、3人前を昼と夜の2回で食べます。ゆでるのは日本でもやっていたので自信があります。そばつゆは約1500円でこちらの物価としてはすごく高いですが、良いものが買えます。
dsc03394_edited

自分の作ですと今まで食べたそばで一番美味しく感じられます。
来週からはそば打ちの方法を少しずつお教えします。

学期末試験

学校は3学期制で、7月の第1週で1学期が終了します。1月前の先週から期末試験が始まりました。不可点を取ると、及第するまで、何回も追試を行います。
生徒会の選挙も行われています。
dsc05087_edited

コンクリート実験の授業では、砂のふるい分け授業を改善し、コンクリートのスランプ試験と圧縮強度試験を新たに実施しました。

ラパーチョ2 Lapacho

今日はチャコ戦争の戦勝記念日で休日です。アスンシオンではここの所30℃を超える暑さが戻ってきました。朝から20℃を超えています。
咲き始めていたラパーチョの花はあっという間に満開になり、全然咲いていなかったラパーチョもいっせいに咲き始めました。桜と同じで一度寒くなった後に暖かくなると開花するようです。
dsc03384_edited

日曜日に絵を描き始めましたが、遅々として進まず、今日は1日中描き続け、やっと今完成しました。
dsc03392_edited

今咲いているラパーチョはピンクで、八重桜と似ています。花が咲いてから葉が落ちます。

しゃれたレストラン

昨晩、しゃれたレストランに行ってきました。名前は Un Toro y Siete Vacas です。直訳すると1頭の雄牛と7頭の牝牛です。
dsc05114_edited

男だけで行くのはもったいない店なので、女性も誘いました。食事も美味しく値段もそんなに高くありません。例によって、食事に夢中になり、料理を撮るのを忘れてしまいました。
難点は夜8時にならないと店が開かないことです。

そば打ち教室

ハマナスセンターの文化教室のそば打ちに応募し、今日開講しました。
dsc05100_edited

先生はJICA SVで、そば打ちの指導に来ているわけではないのですが、日本では10年以上指導されているそうです。
dsc05101_edited

毎週土曜日の午前中修行し、3ヶ月で終了です。
今日は模範を見せていただき、切るのだけ少し体験して、美味しい手打ちそばを食べて帰ってきました。3ヶ月で免許皆伝となるでしょうか。

親和会歓送迎会

パラグアイ在住のJICAの専門家・シニアボランティアの親睦団体「親和会」の歓送迎会をホテル内山田で開催しました。本来は4月に予定していたのですが、誘拐事件が解決していなかったので延期をしていたものです。
大使館やJICA事務所の方々も来ていただき、総数55名の盛会になりました。
dsc05098_edited

離任される方が、こちらで指導された踊りを平均年齢73歳のおばあちゃん達が披露して、盛り上がりました。
dsc05099_edited

新役員になって、初めての会であったので、皆少し心配しましたが、無事に終えることができ、ほっとしています。

圧縮強度試験

スランプ試験の時に採取したコンクリートの試験体が28日を迎えました。
朝サンチェス先生にそのことを告げると(昨日彼は休み)、圧縮強度試験をすることになりました。ある程度準備はしてありましたが、試験機を動かすのは初めてです。
この試験機は日本では見たことがない形式のもので、前任者が機械の先生と一緒になって動くようにしたものです。授業の前に動かし方を練習しましたが、さすが45歳のベテラン先生、授業では堂々と説明し、扱っていました。
dsc05088_edited

コンクリートの圧縮強度は216kg/cm2と171kg/cm2でした。水でスランプ調整し、試みに試験体を採取したとはいえ、ちょっと差が大き過ぎました。
それでも、初めての圧縮強度試験に生徒達は興味津々でした。

野焼き

朝は5℃を切りましたが、穏やかな陽気で、日中は20℃まで気温が上りました。
午後、19階の展望室に行ってみると、平原のあちこちで煙が上っています。アルヘンティーナの大平原に上っていた白煙です。
dsc03377_edited

おそらく収穫した作物の残滓を燃やしているのではないかと推測しています。

ブーゲンビリア Buganvilla

ラパーチョが満開になるのを待ちきれずに、ブーゲンビリアを描いてしまいました。ブーゲンビリアはずーと咲いていましたが、寒くなって少なくなってきました。
dsc03373_edited

大好きな紫色はうまく出せませんでした。

ラパーチョ Lapacho

パラグアイの桜と言われているラパーチョが咲き始めました。本来は早春の8月頃に咲くようですから、狂い咲きかもしれません。年に2回咲くという話もあります。ホテルの周辺では、少なくとも3本の木に花が咲いています。
dsc03367_edited

まだ、三分咲き程度なので、満開になったら、絵を描こうと思っています。

生け花 Arreglo de flores

滞在しているホテル内山田で素晴らしい花が生けられていました。
dsc03362_edited

ホテルですから当然かもしれませんが、奥様が生けられたそうです。
dsc03363_edited

しばらくさぼっていらしたそうで、これからはいつも生けられることを期待しています。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

Kazu

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ